PS2のメタルギアオンラインは1年間と短いながらも
密度の濃いサービスを提供し続け、
「ここで得たものはいつか必ず次に繋げます」と
開発スタッフは言葉を残して、
惜しまれつつも06年12月25日に終了しました。
それは後のMGS4のメタルギアオンラインに
続いていくわけですが、それはサービス終了後から
1年半後のお話ですね。

メタルギアオンラインで毎夜楽しんでいた
私のゲームライフはその終了とともに
何かがぽっかりと空いたような感じで
他のゲームを遊んでいても何か物足りないと
思ってしまうのでした。

そんなある日、DSをきっかけに入会した
SNSでよく一緒に遊んでいただいていた方が
「Xbox360買ったよ!」と日記に
書き込んでいたのを拝見しました。

本体と一緒に買ったというのは
カプコンの「ロストプラネット」。
MGOのサービスが終了してしまったら、
一体何で遊べばいいのか、と
考えていたら出てきたのがMGOと同じTPSのコレ。

発売日も丁度MGO終了と重なる12月21日。
ソフト同梱パックも発売されてるし、
これは運命なのか……。

ゲーム情報をチェックしていると360やっている
生の声っていうのは、みな面白そうに
語ってるわけですが、結局日本では発売1年たって
30-40万台ほどしか売れてない状況です。
ワールドワイドでは3ハードの中でトップなのに、です。

実際ロストプラネットはかなり気になっていたけれど、
日本のなかだけ完全負け組なハードを買っていいものなのか。
わたしは完全に迷っていました。

そんななか先のフレンドは、
「今Xbox 360にはまってます。ヤバイですよ、360は。」
とSNSの日記で、DSのボイチャで、
果てはスカイプで語りかけてくるわけです。

何ヶ月にもわたってSNSやDS上で
コミュニケーションをやりとりし、
ときにはSNSの先頭にたって
盛りあげようとしていた方の発言です。
かなり信頼度のあるお話です。

熱く360について語ってくださるその方の
情熱に折れる形でわたしは言いました。

建前「……わかりました! 360買いますよ。」
本音(だが、つまらなかったら思いっきり
あなたに当たってネタにしてやるからな!)

ひとの裏表ってほんとうに怖いものですね。

善は急げか、360の邪悪なオーラから
目が覚めぬうちに、翌日にはゲームショップに
走っていました。ロスプラはすでに完売で
お取り寄せとなるため、とりあえず360だけ購入して
フレンドに購入報告をしました。

「じゃあオンライン体験版があるので、
それをやってみましょうか。」と早速プレイ。
しかもすでに製品版で経験者のフレンドとタイマンで。
もちろん戦績は完全レイプのフルボッコ。
いやいや、こちとら初プレイで操作方法が
全然わからないんですけど…?

「習うより慣れろですよ~」

うん、その通り。ゲームってなぜかみんな
説明書を読まずにすぐ実践を試そうとしますよね。
御託はいいから遊ばせろ、操作なんてもんは
あとからついてくるってことですよ。

いや、俺はしっかり最初に説明書読む派なんだけどね。

ざんねん、体験版には説明書ついてないから。
操作方法もロードを読み込んでるときにしか
出ないから、結局自分でボタンを押して
確認していくしかないと。それで必至に
ジャンプしたり、照準を合わせながら
マシンガン打ったりしてると、向こうから
なんか2足歩行ロボットなんか来ちゃうわけです。

なんだよ、アレ。とか思ってたらミサイルとんできて、
どかあああああああああああああんみたいな。
ちょいちょいちょい!!!
ナニその最終兵器みたいなのは!?

「VS(バイタルスーツ)ですよ~」

へぇ~、VSっていうんですねー。
ってそういうことじゃなーい!
なんでドがつく初心者相手にそんな
ゴツいやつで登場するんですか!?
って話じゃないですか!

「こういうのもあるんですよ~
近くによってBボタンで乗れますよ」

なるほどなるほど、Bボタンですね、
よしよし、これで俺もあのデカブツのケツに
デカいミサイルをぶち込んでやるぜ、
heheh なんつって思っていたら、
どかああああああああああああああんみたいな。
ちょいちょいちょい!!!
なんでそっちの方が機動力上なの!?

「VSにもいろんな種類のVSがあるんですよ~」

はっはぁ~、そうなんですねー。
よく勉強になりました(涙)。

そんなこんなでわたしの初ロストプラネット体験は
衝撃の連続でした。MGOでぽっかりと空いていた
ココロのスキマは埋まって余りあり、
体験版の時点で完全にロスプラ色に染められていました。

その後のわたしはひたすら360街道を突き進むことになります。
ロスプラに始まり、ギアーズ、ベガス、Halo3。
手軽にプレイできることもあってXBLAも
頻繁に購入しています。そのなかでもジオメトリーウォーズに
ドハマリしたり。ときにはFPS/TPSから離れて
まったく触ったこともなかったジャンルに手を出せば
アイドルマスターに心を奪われてしまったり。
完全オープンフィールドなオアフ島で
雑談しながらツーリングとかレースゲームの革命か!?
とも感じたTEST DRIVE Unlimited。
その他モロモロ、ここでは上げきれないほどの
多くの体験が今のわたしのゲーム感を形作ってるわけです。

最初はこんなに続くと思っていませんでしたが、
ここまで長々とお送りしてきた
「わたしのゲーム人生」は今回で終了です。
少しはわたしがどんなゲーム人生を送ってきたか
お分かりいただけたでしょうか。

自分でもあらためて振り返ってみて、
あのときあのゲームを遊んでいなかったら
今の自分のゲーム感というものは
大きく違っていただろうなと、
感じることが多々ありました。

ゲーム人生はゲームをプレイする全てのひとにあるものです。

たまには忘れかけていた幼少のころの
ゲーム体験を思い出して、あのときは
あんなことして遊んでいたな、
このソフトをきっかけにこのジャンルが
好きになったんだな、などと
振り返ってみるのもいいかもしれませんね。